2017年8月27日 (日)

酒井雅楽頭家  管弦講の夕べ

Dsc01005_3

日時 : 平成29年9月22日(金)  開場17時  開演19時  終演20時30分

出演 : 東儀秀樹   

於    :   龍海院本堂

同日開催 *  酒井家墓所ガイド(無料)16時~17時

     * 管弦講行列(無料)18時~18時30分

     *  門前市 16時~19時

プレイベント  第3回前橋四公教養講座

        入場無料、事前申し込み(先着/定員150名)

               9/17(日)  開場13時  開演13時30分

        開場 龍海院本堂

        講座テ-マ「龍海院天井絵について」

        講師 : 細身美術館 上席研究員 岡野智子氏

2017年8月21日 (月)

前橋市のPRに協力

前橋市観光パンフレッ[kurun]vol.2 に龍海院が紹介されました。

お寺の長い歴史や酒井家の墓所などの紹介とともに、日曜日朝の参禅会を20代の女子が経験するという内容です。前橋市の観光PRに一役買いました。

Kurun01

Kurun02_2

WEB版 kurun

http://igoo.info/kurun/

2017年5月23日 (火)

前橋藩主・酒井家の功績を紹介

 前橋学ブックレット『下馬将軍 酒井雅楽頭の菩提寺 龍海院』の出版記念と寺の法要にあわせて、前橋藩主酒井家について学ぶ講演会が5月21日、龍海院で開催されました。

厩橋城や城下町の整備、藩校を設けたり飢饉対策や新田開墾に力を注いだことなど、酒井家の時代に前橋が大きく発展したことを前橋学センター所長の手島仁氏が紹介しました。

Jomo01_3

上毛新聞 2017年5月22日紙面より

Jomobook_2 前橋学ブックレット10『下馬将軍 酒井雅楽頭の菩提寺 龍海院』
(上毛新聞社刊 著 井野修二/ISBN978-4-86352-177-3 ¥600+税)

2017年1月29日 (日)

初市創祀400年記念事業

 毎年1月9日に開催され、前橋の年の初めを飾る「前橋初市まつり」の起源は、初代前橋藩主・酒井重忠公の時代、元和3(1617)年と 伝えられています。

 平成29年の初市まつりは、開始から400年目の節目に当たるとともに、重忠公の没後400年とも重なります。そこで、酒井家の菩提寺である是字寺龍海院にて、酒井雅楽頭家顕彰会による重忠公の追善法要を行いました。

 重忠公の偉功を偲ぶとともに、元和3年当時の「市」を再現する意味を込めて、江戸時代に行われていた「太刀一口の奉納」に因み、初市まつりの会場の一角である前橋八幡宮での神事に続き、八幡宮公園にて県内在住の現役刀匠3名による刀剣 鍛錬実演「上州三刀匠・打ち初め式」を行いました。

Hatuiti1_4

Hatuiti2_5



2017年1月27日 (金)

新年大祈祷会での龍海院ライトアップ

 龍海院では、平成28年12月31から翌29年1月1日にかけて
厳かに新年祈祷会が行われました。

それにともない境内において竹筒に蝋燭を灯したライトアップをして
新しい年の平和と安全を祈りました。

Rightup