« 1月9日「初市まつり」において酒井重忠没400年記念事業と追善法要 | メイン | 新年大祈祷会での龍海院ライトアップ »

2016年12月29日 (木)

新年大祈禱会のお知らせ

重忠公が始めた祈祷会を復活

 龍海院は前橋藩主酒井公の菩提寺として長い歴史を持っています。初代前橋藩主の重忠は、前橋に初市を起こし、同時に無病息災・所願成就を願い国土安穏をもたらす祈りを捧げる儀式として、新年御祈祷会を催していました。以来、戦前まで新年御祈祷会が盛んに行われていたようです。しかし、戦争を機に長らく中断していました。

 その重忠が亡くなって、来年で没後400年。また、前橋市では11月20日、前橋藩主酒井公・前橋藩主松平公・総社藩主秋元公・大胡藩主牧野公の功績を称えて「前橋四公祭」を開催しました。これらを機に新年大祈祷会を復活することとしました。


祈祷会とは?

 祈祷会とは、新しい年の始まりに当たり最初に営まれる法要。元旦を期して、一年間の世界平和や皆さまの健康、仏法の興隆を祈る。『大般若経』による祈祷法要として行われてきました。
 壇信徒の皆さまはもちろん、広く一般の皆さまも一年最初のお寺参りということで、是非足をお運びください。



  日 時:平成28年12月31日 午後11時30分〜午前0時30分
    於:龍海院本堂
    *大変申し訳ありませんが、大祈祷会当日の駐車場のご用意は
     できませんのでご了承下さい。

   注)御祈祷札の申込は、12月10日をもって終了させていただきました。



Kitoukaiomote_2

Kitoukaiura